代行内容と価格の違い

会社設立代行を行っているのは、主に司法書士、行政書士、税理士です。3つの士業には明確な手続対応範囲の違いがあり、それにともなって費用にも差があります。

税理士司法書士は、法務、特に会社法についての知識がある専門家です。なので、定款や設立申請書類の作成だけでなく、公証人役場での定款認証手続や法務局への登記申請も代行してくれます。司法書士に依頼すれば、会社設立の手続は丸ごと依頼が可能。その分、費用が少し高く設定されています。

行政書士は許認可に関する書類作成を専門としています。定款の作成と認証は行いますが、法務局への登記代行はできないため、自分で出向く必要があります。建設業や飲食業の場合に必要な許認可書類の作成は得意としているため、業種によっては、行政書士に依頼したほうが、手間が少なくなることもあります。費用も司法書士に比べて安いことが多いです。

税理士は税務と会計のプロです。定款の認証や法務局での登記代行はできませんが、税務署への登録書類の作成や、税金対策のために設立時にやっておくべきことなどのアドバイスをしてくれます。税金や経理に関する相談ができるのは税理士だけ。税金に関する決まりは難しいので、専門家のアドバイスがあるのは心強いでしょう。税理士の会社設立代行は低価格であることが多く、「0円代行」をうたっているところもあります。