会社設立手続を簡単に

印鑑会社を設立しよう!と思ったら、決めなければならないこと、準備が必要なこと、作成しなければならない書類など、たくさんの「必要なこと」があります。たとえば法人用の印鑑。作成した書類や銀行口座の開設に必要なものですが、悪用リスクを考えると数種類作成しておくのがベターです。会社の基本的な決め事を記載した定款は作成するだけでなく、公証人役場での認証を受けなければなりません。本社の場所や役員の決定、資本金の準備など、その他にも、それまでやったことのないことばかりなので、専門的な知識がなければ時間がやり方を調べるだけでも一苦労です。もちろん、手続だけすれば会社ができるわけではありません。顧客や取引先の開拓、開業資金の準備なども重要な仕事です。慣れない書類づくりや事務手続きをやっていたら、開業時期はどんどん伸びていくかもしれません。

一般的に、会社設立手続にかかる日数は10日程度、かかる費用は25万円程度です。できるだけスピーディに手続をすませ、本業である会社の経営に入るために、多くの人が利用しているのが会社設立代行です。代行サービスを提供しているのは、書類作成や会社関連の法律、税金についての知識が豊富なプロの士業。それぞれの特徴をつかんで、今、そして将来の会社のためにも役立つサービスを選べば、比較的簡単に、会社設立ができるだけでなく、その後の会社経営もスムーズになります。

このサイトでは、会社設立の手続を簡単にしてくれる、会社設立代行についてご紹介します。